ダイエットを始めると一番最初につまずく壁があります。それは停滞期。この停滞期を境に今後のダイエットが続けられるか、諦めて元の体系に戻ってしまうのかが分かれ道と言われています。

ダイエットと茶とガムについて

ガムがダイエットに効果的なのは、よく噛むという行為があるためです。なんとなく口がさみしいから、小腹がすいたからといって、簡単に食べることのできる、チョコレートやスナック菓子などをつまんでいたら、いつの間にか体重は増えていきます。何か食べたいと思ったら、今までの砂糖たっぷりのお菓子類はいったんストップして、ガムを噛むようにするといいです。ガムがダイエットにも最適と言われるのは、噛むことによって脳にある満腹中枢が刺激されるためです。そうすると、空腹感は不思議なくらい収まっていきます。結果的に高カロリーな糖質や炭水化物には走りませんから、無駄な感触防止にもなりますし、過食予防にもなります。

ダイエットのために、お茶を飲むを飲む方法もあります。種類が豊富ですから、配合成分にも気をつけて選びましょう。キャンドルブッシュやセンナを配合したダイエットティーも販売されていますが、主にお通じを促す成分になります。体内で脂肪燃焼効果があるタイプとは異なります。この2つの成分に関しては、長期間の使用は控えたほうが良いでしょう。下剤とも言える成分なので、腸内の排便機能が弱くなってはいけません。ダイエット茶を選ぶなら、プーアール茶配合などもよいでしょう。

緑茶でもダイエット効果を期待できますから、日常的に飲んでみるのもいいでしょう。カテキンを豊富に含むため、食事の脂肪吸収をセーブして排出させる作用があります。また、コレステロール値の現象効果も期待ができます。血糖値が上がるのも穏やかとなり、体脂肪も付きにくくなります。緑茶のカテキンは、体内エネルギー消費量を向上させる働きもあります。カフェインも含むため、脂肪分解を積極的に行います。