配送車にラッピングをするのはどうか

配送車にラッピングをするのは宣伝効果を期待することが出来るので、宣伝内容によっては良いことかもしれません。
配送車は動いているので、宣伝する媒体としてはかなり有力的なモノとなると考えてもいいでしょう。
問題はラッピングする内容ということになります。配送車が使われる目的をラッピングする内容として絵にしたりするのもいいのですが、宣伝する内容と絵柄との両面から考えておく必要があります。

評価の高い配送者のラッピングについて気になる方はこちらです。

時期的なものとするとその時期が過ぎるとせっかくの広告も意味のないものとなることになりますから、短期的なものとするのか長期的なものとするのかということでも変わってくることになります。



理想としては、何度もラッピングをする必要のない長期的なものとするのが理想ではありますが、短期的でもそれだけの広告効果を見込めるというのであれば、短期で使ってもいいでしょう。
結局はコストパフォーマンスでするしないを考えることになります。

人動くものは自然に目線を預けてしまうということがあります。ですからこの動く配送車にラッピングをするという考えはかなり合っているといえます。



何も動きのないポスターのようなものよりは人目に付くので宣伝効果としてはかなり大きな物を期待することが出来ます。
ただ、動くので読みもの的な広告は避けるべきでしょう。

誰もが一目で広告と分かるようなものとなっているのが最適です。

ですからアニメや漫画のような感じにするのもいいでしょう。